花粉症の治療薬といえば「アレグラ」です。とても効果の高いお薬ですが効果が強い分、妊婦や授乳中のママさんが心配するのがアレグラの服用による子供への影響です。当サイトで妊婦・授乳中のママさんのためのアレグラの服用についてまとめております。

妊娠中の女性とアレグラの画像

びわなどの果物アレルギーと保険適応のアレグラ

スギやヒノキといった花粉症は今や国民病とも言えるほど、身近なアレルギー症状となっています。花粉は原因となる植物や樹木が繁殖する時期に限ったものであるため季節性アレルギーとも呼ばれており、時期が過ぎればアレルギー症状が治まるという特徴があります。かたや、びわやエビといった特定の食物が原因で起こる食物アレルギーは原因となる食物を口にすることで常時起こるもので、食べた時に口のしびれや喉のかゆみ、全身にじんましんが出る他、時に呼吸困難を伴うアナフィラキシーショックといった命に関わる症状を引き起こすこともあります。
食物アレルギーの場合には、特定一種類の食物にアレルギーが出ると関連する食物全般にアレルギー反応を起こすという特徴も持っています。たとえば、びわや柿といった果物にアレルギーがある方の場合、メロンやりんごといった全く関係性の無い食物を食べてある日突然アレルギー症状に見舞われるということもあります。びわやりんごにアレルギーを持つ方の場合は、バラ科の果物全般や、シラカバの花粉もアレルギー症状が出る原因物質であるため注意が必要です。気になる方は、自分がどんなアレルギーを持っているか、一般病院の医療保険適応で採血をすれば簡単に調べてもらえます。
どこに自分がアレルギー症状を引き起こす物質が含まれているかわからない時代であるため、普段からアレルギー物質をブロックできるアレグラといった抗アレルギー薬を服用することが望まれています。アレグラは、一錠を一日二回の服用で保険適応もされている優れた抗アレルギー薬です。各自の保険割合に応じてですが一ヶ月処方でも千円程と通年服用しても経済的であり、なおかつアレグラは眠気などの副作用が少ないため、勉強や仕事にも影響しない優れた薬です。