花粉症の治療薬といえば「アレグラ」です。とても効果の高いお薬ですが効果が強い分、妊婦や授乳中のママさんが心配するのがアレグラの服用による子供への影響です。当サイトで妊婦・授乳中のママさんのためのアレグラの服用についてまとめております。

妊娠中の女性とアレグラの画像

植物やアレグラのアンチヒスタミンについて

日本人にとってアレルギーは非常になじみの深い症状であるでしょう。春先の花粉症に始まり季節性のアレルギー性症状や日常生活に恒常的に存在するアレルゲンも存在しています。こうしたアレルギー症状は免疫機能の暴走によって起きるもので、その直接の原因はヒスタミンとヒスタミン受容体によって引き起こされるのですが、社会的な背景として寄生虫駆除などにより社会が清潔になり過ぎた為、免疫の異常が増えているという見解もあります。
さて、こうしたアレルギー症状に最も効果的な作用を示す薬のグループとしてアンチヒスタミン、抗ヒスタミン剤があります。この抗ヒスタミン剤は文字通りヒスタミンの作用を弱めてアレルギーの症状を改善するもので、市販の抗ヒスタミン剤としてはアレグラがとても有名です。抗ヒスタミン効果はある種の植物などからも確認されていますが、現代社会においてアンチヒスタミンを期待できるものはアレグラなどの薬品のみであるといえます。植物由来の抗ヒスタミン成分を利用したサプリメントなどもありますが、やはり食材そのものからアンチヒスタミン効果を得ることが難しいでしょう。アレグラはアンチヒスタミン薬の中でも広く普及されており、数多くの臨床実験によって効果やデメリットがきちんと理解されている薬なので、植物などよりも高い効果を期待することができます。また、開発後アレグラは特許が切れた薬品なので、全く同じ有効成分を利用している所謂ジェネリック医薬品も登場しています。なので、アレグラをはじめとした抗ヒスタミン剤は薬局などで医師の処方なしで購入でき、比較的安価にアレルギーの症状を改善できる薬品として高く評価することができます。