花粉症の治療薬といえば「アレグラ」です。とても効果の高いお薬ですが効果が強い分、妊婦や授乳中のママさんが心配するのがアレグラの服用による子供への影響です。当サイトで妊婦・授乳中のママさんのためのアレグラの服用についてまとめております。

妊娠中の女性とアレグラの画像

頭皮のかゆみやゼラチンを食べて症状が出たらアレグラ

頭皮のフケやかゆみが続くと、勉強や仕事に集中できなくなって、イライラしてしまいますが、アレルギーが原因なのかも知れないので、気になる方は病院で検査を受けることをおすすめします。
使用しているシャンプーやリンスが頭皮に合っていなかったり、ハウスダストやダニ、カビ、花粉などが原因で、かゆくなる方も多いので、調べてもらうようにしましょう。
食品が原因の場合もあるので、頭皮以外にも手足に蕁麻疹が出来て、かゆくなることが多い方は、何らかのアレルギーを疑うようにしてください。
アレルギーによって、かゆみが起こっているのなら、アレグラのような薬を使えば治せるので、まずはお医者さんに相談するようにしたいですね。

乳幼児に食べさせやすい食品といえばゼリーですが、ゼラチンを使用しているので、人によっては口も周りや全身がかゆくなったり、腫れたり、呼吸困難になるなどのアレルギー症状が起こります。
ゼラチンはコラーゲンを消化吸収しやすく加工したもので、牛や豚から作られていますから、牛肉や豚肉にアレルギー反応を起こす人は口にしないようにしたいですね。
ゼラチンはゼリーやプリンなどのお菓子の材料として使われますから、お子さんがアレルギーを持っているなら、食べさせないようにしなくてはなりません。
特に乳幼児は消化機能が未熟で、大人よりもアレルギー症状が起こりやすいので、食べた後に体調が悪くなっていることに気付いたら、すぐにお近くの病院へ連れて行くようにしてください。
食品アレルギーによる症状によく効く薬といえばアレグラなので、病院で処方してもらったら飲ませるとよいでしょう。
アレグラは個人輸入代行サービスでも買えるので、自宅に備えておけば、アレルギー症状が起きたときにすぐに使えるので便利です。